1. HOME
  2. 症状別治療法
  3. 銀歯や詰め物が気になる、虫歯を白いもので治したい

銀歯や詰め物が気になる、虫歯を白いもので治したい

銀歯や詰め物が気になる、虫歯を白いもので治したい…という方へ

コンポジットレジン充填

虫歯を治すとき、噛む面の周囲が健康な歯質で囲まれている場合に、当院では白い材料(コンポレットレジン)によって修復します(保険適応)

▲このページのトップへ

セラミックインレー

隣の歯との間に虫歯ができたときには、型をとって、模型にして間接的に詰め物を作ることで、実際に詰め物との境目をみて、適合が非常に良い修復物を作り、装着することが可能になります。
この場合、保険診療では銀色(A)の金属を用いて、自由診療であれば白い材料(ハイブリッドセラミックスかセラミックス)(B)にて修復します。

(A)保険適用(金属による)メタルインレー (B)ハイブリッドセラミックス

当院ではレジンコーティング法を実施しています。

【ハイブリッドセラミックスおよびセラミックスの特長】
  • 保険診療で用いるレジン(合成樹脂)の物性を向上させた材料
  • 歯の色に合うので目立たない
  • メタルフリーで金属アレルギーの方にも安心

当院ではレジンコーティング法を実施しています。

■レジンコーティング法

虫歯の部分を削った後、削った面をレジンで一層薄くコーティングすることで、ハイブリッドセラミックインレーの適合・接着力の向上が図れ、耐久性に優れた歯科治療が可能となります。
セラミックス修復のときに必ず行う処理ですが、この方法での加算料金はありません。

▲このページのトップへ

オールセラミッククラウン・セラモメタルクラウン

自然の歯に近い色や透明感を出すためにはオールセラミッククラウンと、セラモメタルクラウン(陶材焼付鋳造冠)という方法があります。

オールセラミッククラウン セラモメタルクラウン
内面にメタルを介さないので、金属アレルギーの心配はありません。また歯ぐきの変色の心配がありません。 内面にメタルを介するので、歯ぐきの色が変色する場合があります。

どの歯を治療したかわかりますか?
審美的要求が高く、任意に、色・形を与えたケースです。

前歯2本が、当院で処置されたセラミッククラウンです。

ご予約・お問い合わせを承っております。お気軽にご連絡下さい。

当院では無料カウンセリング(要予約)を行っております。

高円寺にある歯医者、デンタルクリニック高円寺では様々な治療方法の利点欠点、あまりにも多すぎる情報、お悩みになっている症状の解決方法などにお答えするため、無料カウンセリングを実施しております。お気軽にご連絡下さい。

歯が欠けて困っている、痛みがあるなどの救急の場合は、当日のうちに応急処置をいたします。
その場合はお電話(03-3316-0027)でご連絡ください。